Amo Ergo Sum

ロザリオ瞑想専用のウェブサイト

お問い合わせ
ダウンロード

vive Jésus, Vive Marie, Vive Joseph

ロザリオの紹介

ちょっとした歴史

ロザリオは、12世紀に登場した反復的な祈りの形式です。 このロザリオの祈りが全教会に広まったのは、聖ドミニコ(1170~1221年)とドミニコ会士のはたらきによるものです。 また、ドミニコ会士であった教皇ピオ5世(1504~1572年)は、教会内ではじめて公式にロザリオの祈りを勧めました。 現在の「ロザリオの祈り」は、単純に「アヴェ・マリアの祈り」を繰り返すだけでなく、イエスの救いのわざにおいてマリアに関連するいくつかの場面を結びつけ、黙想できるようになっています。 教会は、伝統的にこれを5つの場面ずつ3つのまとまりに分けてきました。 「喜びの神秘」 「苦しみの神秘」 、そして「栄えの神秘」 です。 これに対し、前教皇、福者ヨハネ・パウロ2世は使徒的書簡『おとめマリアのロザリオ』の中で、新たに「光の神秘」 を付け加えるように提案しました。


なぜロザリオを祈る?

ミステリーと呼ばれるこれらのキリストの生涯のエピソードは、未知または不可解な出来事ではなく、彼が誰であるか、 そして私たちへの彼の愛を私たちに明らかにする特別な瞬間です。 ですから、教会は私たちに特別な方法で彼らについて瞑想することを勧めています。

私たちはこれを主張しなければなりません。ロザリオの実践は、規定数の“主の祈り”と"アヴェ・マリア "ーを暗唱することではなく、とりわけ、 人生について瞑想し、教えを理解し私たちのためにキリストの愛と死を受け入れることです。ロザリオの珠を繰るとき、イエス・キリストの生涯のおもな出来事が、「アヴェ・マリアの祈り」のことばを背景として、 魂の目の前で繰り広げらます。この意味で、ロザリオの祈りは深くキリスト中心です。


それで、ジョン・ポールIIは彼の使徒的手紙でこう書きます:Rosarium Virginis Mariae 英語訳

ロザリオは、明らかにマリアンですが、中心的にはキリスト中心主義の祈りです。 その簡単なな要素によって、福音のメッセージのすべての深さをいます、 そこから彼はほとんど要約です。マリアの祈り響き渡りまた。贖いの化身の働きのためにの彼の恒久的な「マグニフィカト」りの 響き渡。 ロザリオとともに、キリスト教の人々はマリアの学校に座って、キリストの顔の美しさを熟考し、彼の愛の深さを体験するように導かれます。

ロザリオを通して、信者はあたかも贖い主の母の手からそれを受け取るかのように、豊かに恵みを得ます。


そして、セントルイスマリーグリニオンドモンフォールは、『ロザリオの神秘』英語訳
のように書いています; その22:

[65]ニッサの聖グレゴリーは私たちが芸術家であり、私たちの魂は私たちが満たさなければならない空のキャンバスであると優雅に述べています。 私たちが使うべき色はクリスチャンの美徳であり、私たちのモデルは永遠の父の完全で生きた像であるイエス・キリストです。 したがって、画家のように、自然な肖像画を作成するために、彼はオリジナルを目の前に置き、 ブラシストロークのたびにそれをもう一度見ます。このように、クリスチャンは彼の人生を知り、彼の美徳を真似るために、常にイエス・キリストに目を向けるべきであり。

[66] 聖母が私たちの救いを解決するという大きな仕事において私たちを助けたいと思ったので、 彼女は聖ドミニクにイエス・キリストの生涯の神秘的な神秘について瞑想するように信者に教えるように。彼女はこれをしました、彼らが彼を崇拝し、 褒め上げるかもしれないだけでなく、主に彼らが彼の美徳に彼らの人生と行動をパターン化するかもしれないということでした。


しかし、イエス・キリストの人生について私たちは確かに何を知っていますか? 私たちが持っている唯一の信頼できる情報源、これらは福音書です。 そのため、「アヴェ・マリアの祈り」の前に、福音書の短い抜粋を読むことをお勧めします。 瞑想のミステリーにできるだけ対応する抽出物を選択しました。 私たちはそれらを小さなパンフレットにまとめました。 ここ で表示したり、無料でダウンロードしたりできます。

他の選択が行われた可。 私たちは皆、福音に没頭して自分で選択し、聖霊があなたを導くように祈ることをお勧めします。

したがって、ロザリオは、イエスキリストの地上の生命の20の出来事を瞑想することで構成されています。 これらのイベントは、5つの謎の4つの数珠にグループ化されています。


喜びの神秘
マリア、神のお告げを受ける
マリア、エリザベトを訪問する
マリア、イエスを産む
マリア、イエスをささげる
マリア、イエスを見いだす
光の神秘
イエス、ヨルダン川で洗礼を受ける
イエス、カナの婚礼で最初のしるしを行なう
イエス、神の国の到来を告げ、人々を回心に招く
イエス、タボル山で栄光の姿を現す
イエス、最後の晩餐で聖体の秘跡を制定する
苦しみの神秘
イエス、苦しみもだえる
イエス、むち打たれる
イエス、いばらの冠をかぶせられる
イエス、十字架を担う
イエス、息をひきとる
栄えの神秘
イエス、復活する
イエス、天にあげられる
聖霊、使徒たちにくだる
マリア、天の栄光に上げられる
マリア、すべての人の母となる

喜びの神秘

マリア、神のお告げを受ける
マリア、エリザベトを訪問する
マリア、イエスを産む
マリア、イエスをささげる
マリア、イエスを見いだす

光の神秘

イエス、ヨルダン川で洗礼を受ける
イエス、カナの婚礼で最初のしるしを行なう
イエス、神の国の到来を告げ、人々を回心に招く
イエス、タボル山で栄光の姿を現す
イエス、最後の晩餐で聖体の秘跡を制定する

苦しみの神秘

イエス、苦しみもだえる
イエス、むち打たれる
イエス、いばらの冠をかぶせられる
イエス、十字架を担う
イエス、息をひきとる

栄えの神秘

イエス、復活する
イエス、天にあげられる
聖霊、使徒たちにくだる
マリア、天の栄光に上げられる
マリア、すべての人の母となる

祈り方



schéma rosaire

1.「十字架のしるし」を作る、「 使徒信条」祈る

2「主の祈り」と言ってから、信仰と希望と慈善のために「アヴェ・マリア」を3つ言ってください

3.「 栄唱」と言います

4. 最初のミステリーとそれに関連する意図を発表してから、「主の祈り」と言います

5. 秘密について瞑想しながら、10人の「アヴェ・マリア」と言います。

6. 「 栄唱」と言います

7. 2番目のミステリーについて発表して瞑想し、ステージ4、5、6をもう一度行います。3番目、4番目、5番目のミステリーについても同じように進めます。

8.「十字架のしるし」を作る, 閉会の祈りを言ってください:「ファティマの祈り」と「不思議のメダイ」



口祷の祈り

十字架のしるし
父と子と聖霊のみ名によって。 アーメン

使徒信条
天地の創造主、全能の父である神を信じます。
父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。 主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、 ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、 葬られ、陰府(よみ)に下り、三日目に死者のうちから復活し、 天に昇って全能の父である神の右の座に着き、生者 (せいしゃ)と死者を裁くために来られます。
聖霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、 罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。
アーメン。

主の祈り
天におられるわたしたちの父よ、 み名が聖とされますように。 み国が来ますように。 みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。
わたしたちの日ごとの糧を今日も お与えください。 わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。 わたしたちを誘惑におちいらせず、 悪からお救いください。
アーメン

アヴェ・マリアの祈り
アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、 主はあなたとともにおられます。 あなたは女のうちで祝福され、ご胎内の御子(おんこ)イエスも祝福されています。
神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、今も、死を迎える時も、お祈り下さい。
アーメン。

栄唱
栄光は父と子と聖霊に、初めのように、今もいつも世々に。アーメン。


「ファティマの祈り」
主イエス・キリスト、わたしたちの罪をおゆるしください。 わたしたちを滅びから救い、すべての人々、ことに御憐れみをもっとも必要としている人々を天国に導いてください。
アーメン。

「不思議のメダイ」
« 原罪なく宿られたマリア、あなたにより頼む私たちのためにお祈り下さい。»

聖骸布 - ウィキペディア 聖骸布 - ウィキペディア 聖骸布 - ウィキペディア 聖骸布 - ウィキペディア 聖骸布 - ウィキペディア 聖骸布 - ウィキペディア